転生

イントロダクション

あなたは、誰の生まれ変わりですか?
自分の死に気づいたとき、彼女たちは運命に抗おうとする。

三つの時代を生きた三人の女、彼女(たち)はいつも22歳でこの世を去った。
運命に恐怖し、宿命に涙する、かつてないホラーファンダジー!
繰り返される「死」の記憶から彼女(たち)は逃れられるのか?

復興の60年代、バブルの80年代、飽和の00年代に生きた三人の女性の
「3転生」を恐怖と感動で彩った、この夏最高に「泣けるホラー」がここに誕生した。
キャストには2005年度で最も輝いたグラビア超新星・鷲巣あやのが女優初挑戦!
セルDVDやカレンダーの売上が他のレースクイーンを圧倒した彼女が、
女優として大きな進化を見せる。さらに、「燐れた家〜蔵六の奇病より〜」に主演、
「夜のピクニック」などの小野まりえ、「渋谷怪談」「夢なら醒めて」など数々の主演作で
キャリアを持つ前田綾花の三人が転生する主人公を演じている。

『転生』で描かれるのは、ジャパニーズホラーの新しい可能性を切り開く
「ホラー」×「ファンタジー」の世界。謎が明かされる時、その宿命に戦慄する。

ストーリー 第一部

1964年
東京オリンピックの喧噪が冷めぬ東京の下町。
そこに一人住む殿山小梅は製粉工場の事務をしていた。
性格の問題なのか、周りになじめない小梅。
工場と下宿の往復しかない毎日。親しい友人もいない。
小梅は、いつも自分を見張っている「何か」におびえていた。
その「気配」から逃れようと単身上京したが、
むしろそれは、より濃く感じられるようになっていた。
そんな折、小梅はルリ子という女と出会う・・・

ストーリー 第二部

1986年
経済と文化がピークに達した街。
前園俊子は月刊連載を何本も持つ漫画家。
俊子はいつしか仕事場の隅にいつも立っている
自分そっくりの姿で顔を両手でおおい立っている幻影に悩まされていた。
俊子は、生まれてから幾度と見た”奇妙な女の夢”を題材に、
夢を盗作して連載を書き続けていた。
そんな折、俊子の前に突然現れた初老の男・殿山源三。
源三は俊子の漫画が、22歳で死んだ娘・小梅の話だと主張した・・・

ストーリー 第三部

三上春香は汗だくで起き上がった。部屋の隅をおそるおそる見つめる。
頻繁に見る夢の中で、春香は「小梅」、「俊子」と呼ばれていた。
春香は理解していた。彼女たちはかつて”自分自身”であったことを。
間もなく迎える22歳の誕生日。
信じたくないのは自分が2人と同じ運命を歩むこと・・・。
運命に抗う事を決意する春香だったが、今の自分には、何もない。
コンビニで無気力にバイトする日々。何もおこらない日常を過ごす春香。
そんなある日、春香の前にコンビニ強盗が刃物を持って現れる。
死を覚悟する春香だったが・・・

参考情報

転生リンク